読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この漫画がいいぞ。(当社比)

部屋の掃除をすると毎回ぐちゃぐちゃになってて困るのがコミックの整理.

連番で揃えようとすると作業の途中で読み始めちゃうのはお約束.

僕は表紙を見てビビビと来たら買うことが多いです.

そのせいでこんな本買ったっけ?ってなることが多いw

そのなかでも是非是非読んでもらいたいけど,有名になりすぎちゃうのも惜しいな~っていう作品たちを紹介します.

 

1.ヴォイニッチホテル 道満晴明 

かわいいけどちょいグロエロな作風の道満先生の作品

手にした時はこのかわいい絵柄に惹かれたけど,読んでみると内容にウワーってなった

ところどころに散りばめられたパロディ要素にニヤッとできると更に楽しい

ほかには ニッケルオデオン や ぱら☆いぞ などの作品をどうぞ

(ぼくは最初ぱら☆いぞを買ったときに道満さんを知った)

 

2.エリア51 久正人 

世界中の神・怪物・都市伝説たちがこれでもかと暴れまわる作品

 こっちもスプラッタ要素がやや多め

そもそも妖怪とかクトゥルフが好きならそんなこと関係ないかw

毎巻の最後数ページに登場した異形の解説が書かれているのでここを入念に読むべし

 

3.乙嫁語り 森薫

漫画大賞2014に選ばれてた気がする

カルルクさんが超々かわいい(重要)

いわゆるおねショタ要素

巻によっては他の地域・家族のお話だったりするけど,そこでも双子とかパリヤさんとかがかわいい(重要)

この前に出た8巻が最高に良かった

 

 4.竜のかわいい七つの子 九井諒子

九井さんというと ダンジョン飯 のほうが有名かも

だけどそれより前に知ってたマンとしてはこっちを推したい!

竜の学校は山の上 とかも是非是非

短編集なので毎話世界観や登場人物がガラッと変わる

でもこの短いお話の中でもどんな人がいるのか,どんな世界なのかがブワっと理解できる密度がある

 

5.童話迷宮 釣巻和 小川未明

小川未明の作品を漫画にした作品

最初の導入部から物語の世界にググッと引き込まれていく

怖くもあり儚さの溢れる物語の数々

高校の文化祭の古本市で上巻を手に入れて,5年越しに下巻を手に入れたので個人的には感慨深い

 

今回はここまで.

また書きたくなったら追加で紹介するよ.